単純ヘルペス

ウイルス性皮膚疾患の一種である単純ヘルペスは疲れているとき、唇に水ぶくれが生じる病気だと言うことができる。

単純ヘルペスの症状は、唇のほか、鼻、目、性器や肛門の周りなどによく表示されます。

単純ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスは、ホピスウイルス、ヘルペスウイルスの一種でホピスウイルスはHSVのほか、帯状疱疹を引き起こす帯状疱疹ウイルスVZV)など様々ながある。

単純ヘルペスは疲れていたり、ストレスを受けるたびに再発する傾向があり、人々の耳チャンゲが、通常は症状が軽くて数日休むだけでも良くなる。

しかし、場合によっては非常にかゆい痛いこともあり、放置した場合、二次的に細菌が感染したりして症状が悪化することができる。

再発性単純ヘルペスは、普通は傷を残さないが、炎症がひどかったり、再発が頻繁になると、若干の傷を残すこともできる。

単純ヘルペスウイルスは、単純ヘルペス1型と単純ヘルペス2型がある。

単純ヘルペス1型

単純ヘルペス1型は、顔(唇や口、鼻、頬、顎など)に主に表示され、幼い頃からキスや食器、タオルなどを介して家族や友人から容易に感染している。

1次感染と再発性感染症がある。ほとんどの人がこのウイルスに感染しますが、1次感染の症状が表示される場合は、あまり一般的ではない。

感染後2日〜20日に症状が生じ、通常1週間程度症状が持続している途中好転される。

再発性感染症とは異なり、一次感染時には、症状がひどい方で、左右両側に表示されることができる。

発症する部位がかゆい感じがあるが水ぶくれができます。

水ぶくれは、傷を付けたり、自然に破裂して粘液が出るようになり、徐々にかさぶたができたが落ちて、赤い色の斑点が残っていたが、次第に消えるようになる。

特にアトピー体質がある場合は、一次感染時に非常に激しい症状が生じ、傷が残る場合もある。

非常に重症の場合を除いては、1次感染は完全によくなりますので傷が残る場合がほとんどありませんが、ウイルスは消えずに体の中に残っているが、後にいくつかのストレスなど悪化要因によって再発性感染症が現れることになる。

再発性単純ヘルペスは、最も一般的に見られる形態である。

単純ヘルペスは、一度生じた後に再発していない人も多い。

再発する場合は、最初に生じた席やその近くに再発することになる。

よく再発する人は、月に一度以上、通常はそれよりも、徐々に再発する。

再発の場合は、1次感染よりも症状が少ないし、左_右片側に生じる傾向がある。

発熱、日光露出、生理などのストレスによって発症となる。

しかし、特別な原因がなく、再発がされて予測不可能な場合も多い。

一般的には傷がよく生じますが、再発が頻繁にされても治療を受けずに過ごしたり、無茶な治療をしたり、ひどくかゆくないのに、精神的なストレスのためまくり掻きしまう場合には、傷跡を残すこともある。

単純ヘルペス2型

単純ヘルペス2型(HSV 2型)に感染した場合、通常、腰下 性器、臀部の症状が生じて移動した後、2日〜20日後に発症する。性接触によって移りする場合が貸付け金人である。

初めて生じた場合や再発した場合や、症状は同じなのにこまごまとした水疱、そう痒症、古くなっ病気の症状、熱が出たり、筋肉痛、排尿時に痛い症状などが表示されることができる。

HSV 2型が性器以外の部位に起こることがもある。

HSV 1型と同様に、発症部位 ​​や再発期間はさまざまである。

最初の感染は知らずに通り過ぎるくらい軽いことができる。

数年後に再発がされたとき、最初の感染と誤認する場合もある。

最初の伝染の後で、ウイルスは脳や脊髄の近くの神経細胞に移動して潜伏しているが、生理、発熱、物理的な刺激、ストレスなどによって再び出るようになる。

痛みや皮膚の異常な圧痛が発症一日二日前に起こることがありますが、これを前駆症状とする。

診断

単純ヘルペスは、症状がはっきりして、他の検査が必要な場合がある。

しかし、性器の内部に深くたりして、診断が不確実時は可検物を採取してPCR検査を行うことができる。

女性の場合、子宮頸部に発症すると痛みがほとんどないため、病気があるのかないかもしれないことができる。

治療

まだ単純ヘルペスの予防注射は出ていないが、治療薬は出ている。最近開発された抗ウイルス製剤は、人体に毒性がないのに、効果が良く、治療の参考になる。

予防

症状がない時にも伝染する可能性はあるので、予防が重要である。

前に単純ヘルペスが出来た体の部位でくすぐるか、タガプたり、かゆみや痛みの症状が発生した場合、その部位が他の人と接触しないように注意しなければならない。

症状があれば、発症期間中に家族にキスしたりしないし、性器の周りに症状があれば、性接触を避けなければならないという意味になる。

タオルや肌着も別に使わなければならない。

合併症

目の病気

単純ヘルペスが目にできればヘルペス角膜炎が起こることがある。

目の中に異物が入ったような感じがします。太陽の光を見ると、ひりひりめざましく、粘液もされます。

すぐに治療を受けずに放置すると目に傷が生じ、視力障害を引き起こす可能性がありますので、すぐに眼科診療を受けてください。

新生児の感染

性器ヘルペスを持っている母親が出産時に正常分娩をして赤ちゃんにウイルスを移すことができる。

特に新生児に1次感染がされた場合、死亡率が高く、深刻な合併症を引き起こすことができる。

性器ヘルペスにかかったことのある母親は、かかりつけの医師に伝える必要があり、適切な措置をとることができる。

夫が性器ヘルペス患者の場合、母親は妊娠中には性接触を避けなければならない、特に妊娠後期には、なおさらだ。

避けられない場合には、コンドームを使用する必要がある。

分娩時に単純ヘルペスが発症していない場合には、母親に特別な注意をする必要がない。

母親の感染が活発でないときは、赤ちゃんに危険性がない。

新生児は母親の性器以外の経路でもウイルスに感染することができる。

お母さんや子を見る人が唇や指に単純ヘルペスが発生した場合、赤ちゃんに移すことができる。

家族の中でも単純ヘルペスの症状が発生した人​​は、新生児に触れたり、接触してはならない。

単純ヘルペスと重病

単純ヘルペスウイルスは、一般的には多少不便なだけ程度であるが、がん患者、臓器移植患者、他の深刻な病気を患う患者には、生命を脅かすこともできる。

これらの患者は、感染症に対する免疫が低下しているからである。